「Only One」の文化を世界へ。[妙心寺 退蔵院]副住職 松山大耕さん

臨済宗大本山妙心寺の塔頭(たっちゅう)・退蔵院副住職。現在29歳の松山氏は東京大学大学院を卒業後、24歳で仏門に入った。2006年からは実家・退蔵院で禅体験を外国人に紹介するツアーを企画。持ち前の鋭い考察力と学生時代に各国を旅した経験を活かし、規律の厳しい妙心寺で新しい試みを行っている。
インタビューをしていく中で驚いたのは、松山氏の京都の文化継承・発信に対する使命感。今後間違いなく、京都を牽引する存在となっていくことだろう。

Q. 東大まで出て、お寺を継ぐことに抵抗はなかったですか?

大学受かったときはね、確かに寺を継がなくてもいいのかもなっていう気持ちはありました。私が進んだ文Ⅱという学部は、官僚や弁護士を目指してる人が多いところなんですよ。だから、入学当初はなんとなく自分もそっちの道に行かなあかんのかなぁって。けれど、20歳くらいになると周りはみんな優秀だし、こいつらに任しとけば日本の将来は安泰やろうって思うようになったんです。

「The only one」じゃないですけど、うちは臨済宗最大の末寺3500以上を持つ妙心寺派の大本山。私は幼い頃から跡継ぎとして望まれてきました。それって誰かが「やりたい」っていってできることじゃないですよね。
僕にしかできないことがあって、周りもそれを望んでいるのなら日本を支えるのは優秀な友人たちに任せて、私は寺を支えようと自然に思うようになりました。

Q.お寺に戻ってきたのが大学院卒業後の修業を終えてから。その後、1年半という短い時間の間に外国人のための禅体験という、画期的な試みをしておられますよね、それはどうしてなんでしょうか?学生時代に学んだことが呼び水になっているのでしょうか?

大学時代に限ったことではないのですが、旅行がすごく好きで。今まで40カ国以上は行ったでしょうね。
その中ですごく印象に残った国がイギリスでした。イギリスって元々「大英帝国」といわれるくらい栄えていたんですが、車などの技術が日本をはじめ他国に真似をされてしまって一時全然だめになったでしょう。けれど今は立ち直ってる。要因は二つです。政策や金融の得意分野をのばしたこと。もう一つは観光産業の活性化。

イギリスには独特の文化があります。車の技術は真似できても文化は真似できないですからね。それを見て、今は頑張っている日本ですがいつか技術的な部分は他国の追随を許すようになると思いました。それなら、やはりいつか日本も真似されない、日本の文化で売っていくようになるのではないかって考えたんです。そう思うと、お寺なんて文化の中心のようなものですよね。

Q.では京都の、ひいては日本の文化になるわけですが、それらを世界に売っていくために松山さんはどのようなことを考えていらっしゃるのでしょうか?

以前は日本から海外に出かける人が1500万人なのに対して、日本へ観光に来る人は500万人ほどでした。ただ、日本では2年ほど前から外国人を日本に呼ぼうという機運が高まってきていて、近年では年8%ずつ上昇というすごい勢いで増えてきています。
それに合わせて交通事情やホテルなどのハードが充実していますが、肝心なソフトの部分はまだまだ未発展なままです。ソフトにあたる迎える側の人間がもっと海外の方を受け入れる体制を作っていかなければならないと思っています。

Q. そう思って始められたのが外国人のための「Zen experience tour」なんですね。

そうです。自分の旅行経験を振り返ると有名な建物を見たり、ただ美味しいものを食べただけの記憶ってどうも薄いんですよ。それよりも旅先で触れた人の温かさや、市場で値切った思い出なんかをよく覚えている。結局、人って旅先で人とふれあったことや五感を使って体験したことが一番印象深く心に残ります。
ですから、京都をより強く印象づけるにはどうすればよいのかと考えたときに、香を焚いた部屋で写経をする、精進料理を作って味わうといった視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感すべてを使って文化を体験してもらうのがよいだろうと思ったんです。

Q. 実際、ツアーに参加された外国の観光客の方はどのような反応ですか?

国によってさまざまですね。中国などのアジア系の方は歴史、フランス人は瓢鮎図※など興味を示すものもそれぞれ違ってきます。けれど必ずどこかに強く惹かれるものがあるようですね。
日本の文化は本当に奥深く厚みがあるものですから、変に海外の方に合わせようとせず、ただあるもの、根づいてきたものをアレンジせずそのまま出してあげればいいのだと思います。
例えば、うちでは精進料理を食べる際、正座がつらければ椅子を勧めますが、それはアレンジではなく気遣い。そこの線引きを間違えてはいけないと思います。

Q. 今後、京都の観光事業の発展のために必要なことはなんだと思いますか?

以前ニューヨークタイムズ主催で行われた世界旅行博覧会に、京都と日本の観光PRをするために行ったことがあります。そのときに印象的だったのが、あちらの方が「What’s new」を期待していること。もう京都が日本の文化の中心で、歴史があって素晴らしい美術品があるってことは周知なんですよ。彼らが京都に求めているのは更に新しい動きなんです。

だから私が「今までは色んな障壁があって実現しなかったけど、ついにお寺で本格的な禅体験ができるようになりました」というと、そこでようやく食いついてくる、といった様子でした。
積み上げた歴史の上で胡座(あぐら)をかくのではなく、常に彼らが何を求めているのかを敏感に感じ取って、それに合ったものを出してあげるという努力が必要になってくると思います。

けれど、先ほどのアレンジの話にも通じますが、単に目新しいというだけでお寺でロックコンサートをしたり派手なライトアップをしたりするのは違うと思っています。ただ表面的なだけの「new」では刹那的な注目を集めるだけで終わってしまいますからね。

※瓢鮎図…足利義持が画僧・如拙作に禅宗に伝わる公案をもとに描かせた水墨画。

DATA
寺名 妙心寺 退蔵院
46個ある妙心寺の塔頭の中で、一般公開されている数少ない寺院。瓢鮎図の他、絵師・狩野元信が絵の中の庭を現実にしようと試みて作庭した「元信の庭」、春のしだれ桜をはじめ四季折々の花が美しい「余香苑」など見所も多い。
住所 京都市右京区花園妙心寺町35
TEL 075-463-2855
拝観料 大人500円、子ども(小・中学生)300円
URL http://www.taizoin.com/