京都でここだけ!ハラ―ルカフェ「Rose cafe」がリニューアル

11/16、荒神口の「Rose cafe」がリニューアルオープンするとのことで
さきがけてお店にお邪魔してきました!

「Rose cafe」は、イスラム教圏のトルコからはるばる海を越えてやってきた
エユップ・アルクルトさんが2011年12月にオープンしたお店。
こちらでは、ハラールに基づいた料理を提供しています。

ハラールとは、イスラム教徒が口にしてよいものを定めたルールのこと。
(反対に口にしてはいけないものを定義したのが、ハラームだそうです)
豚肉は食べてはいけない、というものが知られていると思いますが
ざっくりいうと、どのように処理された食材なのか、ということまで言及されるようです。

とまぁ、説明を聞いているだけでも、
なんだか気軽に食べられなさそう…というイメージが強かったことや
ハラールの良さをもっと広めるたいという思いから
まずは気軽に入りやすいカフェに一新しようとあいなったそうです。

このリニューアルに尽力したのが、中山咲子さん。
ITベンチャー企業「はてな」のまかない担当からフードコーディネーターとして活動をはじめ、
現在は「hacobu kitchen」も切り盛りされています。
(のぞみでも以前取材でお世話になりました→真剣な会話

リニューアルをするにあたり、一度はメニューの刷新を考えられたものの
もともと提供していたのがハラールに沿った料理、つまりは良質のもの。
自身も食材の安全性などに気をつけていたことから、既存メニューの良さを生かし、
一品ごとのボリュームが大きかったものを
いろいろなものを少しずつ食べられるようにワンプレートメニューを用意するなど
カフェという空間に似つかわしいように調整されたそうです。

ということで、おすすめのローズカフェプレートをいただきました。
こちらは、京大の学食にも卸されているチキンケバブをはじめ
つなぎなし・牛肉のみで作られているハンバーグに日替わりのスープ、サラダ、ライスがセットで900円。

これがハラルフードか!と強烈に感じたのがハンバーグ。
鶏肉か牛肉かのどちらかを選べますが、ぎゅぎゅっと身が詰まったハンバーグで新鮮でした。
かつ、ワンプレートながらもボリュームがあるので
カフェ飯はボリューム少ないんでしょ…なんていう男性陣もお腹いっぱいになること間違いなしです。

プラス、蘭の球根で作るサーレップなる冬季限定のドリンクをいただきましたが(写真なくて失礼)
キャラメルのようにあまくて体も暖まる一杯で、実はトルコアイスと同じ材料で作ったものだそうです。
はたまた近くのケーキ店がこちらのお店のためだけに作るハラルスイーツも気になります…!

カフェという空間だからこそ、イスラム教という異文化に気軽に触れられるし、
普段から、口にするものの安全性に危機感を覚えている方にも安心しておすすめできるお店でもあります。

むしろ採算が取れるのか心配になるほど、良質のものをお手頃にいただける魅力的な一軒なので、
ぜひ一度ご賞味ください。

ROSE CAFE
京都市上京区河原町通荒神口上る宮垣町88-3
075-252-2923
11:00-21:00(ランチは15:00まで)
無休
https://www.facebook.com/rosecafehalal